ゴルフ初心者女子が知っておきたい服装マナーは?行き帰りのゴルフウェアはNG?

 

ゴルフで初めてコースに行くという方は練習も大事ですが、ゴルフ場での服装マナーを知っておかないと恥をかいてしまいますね。

ゴルフは紳士淑女のスポーツ、何よりもマナーが悪いと思われることは絶対に避けないといけません。

ということで、この記事ではゴルフ初心者女子が気をつけるべき服装マナーについて、ご紹介していきますね。

もうすぐ、初めてのラウンドでどんな服装で行けばよいのか、わからないという方は、ぜひ参考にしていてください。

それでは、最後までゆっくりとご覧ください。

 

 

ゴルフ初心者女子が知っておきたい服装マナーは?

ゴルフ初心者の女子に知ってもらいたいのは、ゴルフ場に行く時の服装にはマナーがあるそうです。

ゴルフに行くのに服装にマナーがあるなんて、ゴルフ初心者の女子にとっては、かなりハードルが高そう。

いったい、どんな服装をしていけばよいのでしょうか。

それぞれのゴルフ場にはドレスコードというものがあり、服装にはかなり厳しいところもあるようなので注意が必要なんですよ。

なので、事前にホームページなどで、ラウンドするゴルフ場のドレスコードを確認しておくことをおすすめします。

特に名門と呼ばれるところのドレスコードは注意が必要で、ドレスコードを守らなければ入場できないこともあるそうですよ。

 

ゴルフのドレスコードとは?

ドレスコードとは一般的にいうと、ホテルや高級レストラン、結婚式などにはドレスコードというものがありますよね。

ドレスコードとはその場所に応じた、適切な洋服を着ていくという意味。

なので、ゴルフ場に行くのも、その場所に応じた服装でいかなければならないということなんです。

ゴルフは紳士淑女のスポーツ、ドレスコードを知らないと恥をかくことになります。

特に男性は襟付きシャツにジャケット着用など、マナーが厳しいですが、女性の場合はそれほどでもありません。

ただ、露出の多い服装は避けた方が良いとされています。

女性も襟付きのシャツにジャケットやブレザーなどを羽織って、長いパンツが好ましいそうですが、スカートでも短か過ぎなければOK。

ゴルフ場によっては、そこまで厳しくないところもありますが、名門になればなるほど、これもだめなのというようなマナーがあるので、入念にチェックする必要がありますよ。

 

行き帰りのゴルフウェアはNG?

ゴルフは朝が早いし、少しでも時間短縮したいという方はゴルフウェアで来場することもありますね。

行き帰りのゴルフウェア着用は、NGなのでしょうか。

基本的にはドレスコードがあるので、マナー的にはNGだと思います。

ゴルフ場に行く時はジャケットを羽織るのがマナーで、シャツは襟付きが基本です。

靴はピンヒールなどは、なるべく低めのパンプスやローファーを。

帰りはゴルフウェアから、着てきた洋服に着替えて帰ります。

ただ、そこまでうるさくないカジュアルなところなら、みなさんゴルフウェアで来場していますよ。

ゴルフ場の格式によって、服装にも気を付けないといけないということですね。

名門のゴルフ場に行く場合って、そこのメンバーの方に連れて行ってもらわないとラウンドできないところもあります。

そういうところは服装に関してもゴルフ場だけでなく、そこのメンバーの方もマナーに対する意識が高く、そぐわない恰好をしているとクレームを入れられることも。

そうなったらせっかく連れて行ってもらった、同伴のメンバーに迷惑がかかりますよね。

なかなか、そういった名門ゴルフ場に行く機会はないから大丈夫だという方もいると思いますが、基本的なマナーとしては、名門や格式の高いゴルフ場でなくても、できるだけ行き帰りの洋服には気を付けたいところです。

 

ゴルフ初心者女子おすすめのウェアを季節ごとに紹介!

ゴルフは一年を通してプレイが可能なスポーツ、季節ごとに服装も変わりますよね。

ここでは、季節ごとにゴルフウェアを紹介していきます。

春のゴルフウェア

春はトップシーズン、ゴルフのプレイするにはもっとも快適な季節ですよね。

まずは、ご自分の好きなブランドを決めてから、ウェアを選んでみましょう。

春先はまだ寒さが残っているので、インナーを着て半袖のポロシャツを着用するのがおすすめ。

半袖なら夏も着用することができるので、インナーとうまく組み合わせてみてください。

薄めのウィンドブレーカーを用意しておくと、春先の肌寒い時に活用できます。

ボトムスはパンツやスカートでもOKですが、ワンピースタイプのウェアも人気があります。

 

夏のゴルフウェア

夏の暑い時はゴルフはしないという女性も多いですが、本当にゴルフが好きだという方は夏の暑い時でもラウンドはかかせない。

そんな夏に気をつけたいのは熱中症や紫外線対策に日焼け対策。

ウェアは基本的に春に着ていたものでもかまいませんが、ひんやりとした肌触りのクール素材なものがたくさん販売されていますので、夏はインナーを工夫してみてください。

半袖シャツを直接着てもいいですが、日焼けには注意です。

どうしても半袖シャツを直接、着用したいという方はアームカバーを付けた方がいいですよ。

アームカバーも涼しく、冷たく感じる接触冷感タイプのものがたくさん販売されていますので、日焼け対策の必需品です。

あと、帽子は麦わら帽子、サングラスも紫外線対策に用意しておくといいですよ。

夏の服は特にマナーに気をつけないと、肌の露出の多い服はNGですよ!

 

秋のゴルフウェア

秋も春と同様でゴルフシーズン、夏の暑さもまだ残っている日もあったり、急に寒くなったりすることもあります。

基本的に夏のウェアにインナーを変えて、上着を着用すればOKだと思いますが、やっぱり秋用の服が欲しいですよね。

半袖のポロシャツや長袖のポロシャツにニットのベストを合わせるのもおすすめ。

あと、長袖のワンピースも素敵ですよ。

トミー ヒルフィガーやパーリーゲイツなど、個人的には大好きなブランド、秋の新作をチェックしてみてください。

スカートやワンピースには秋らしいデザインのハイソックスを合わせて、楽しんでみてくださいね。

 

冬のゴルフウェア

冬のゴルフウェアですが、11月ぐらいまでは長袖ポロシャツにニットのベストなどでも大丈夫だと思いますが、12月に入ると一気に寒くなりますね。

トップスにはセーターが必須になってきますが、冬用のインナーが防寒対策には必要になります。

アンダーアーマーには防寒に対して機能性の高い商品が販売されています。

あと、私がお気に入りなのは、ユニクロのヒートテック極暖、これってかなりのすぐれもの、冬のゴルフにはピッタリなんですよ。

本当に温かいので一度、試してみてください。

あと、冬のセーターを選ぶ時はデザインも大事ですが、防寒が一番大事。

なので、セーターの裏生地がどれぐらい寒さや風を防いでくれるのか、防寒対策ができているセーターを選んでみて下さい。

なるべく、上着などをたくさん着こまず、インナーやセーターだけで暖かい機能性のあるものにして、ニット帽やネックウォーマー、レッグウォーマーなどといった防寒対策アイテムを活用しながら寒い冬を乗り切ってみて。

上にたくさん着こむと体が回らなくて、良いゴルフはできませんよ。

冬の防寒対策はインナーが決め手だといっても、間違いないと思います。

 

ゴルフ初心者女子が知っておきたい服装マナーのまとめ

さて、ここまで記事をご覧いただきありがとうございます。

この記事ではゴルフ初心者女子が知っておきたい服装マナーについてご紹介してきました。

ゴルフはやっぱり紳士淑女のスポーツ、ゴルフの腕だけでなくマナーが大切だということが、ゴルフ初心者女子のみなさんにわかってもらえればうれしいです。

ゴルフは季節ごとにウェアも変わりますが、コースの状態や風景も四季折々変化があり、季節ごとに攻略方法も変わってきます。

ぜひ、長くゴルフを続けていただいて、季節ごとの楽しみ方を経験してみてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です