Keyvisual Keyvisual

#SHIBUYA森山大道

#SHIBUYA森山大道

革新者たちの共創

この夏、渋谷を舞台に、常に革新的で世界の注目を集める写真家・森山大道が参画する、新たなアート共創プロジェクト「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN(ネクストジェン)」が展開される。100年に1度の再開発のただ中、刻々と変化を遂げていく街・渋谷から、時代を革新するクリエイターの創造力が連鎖し繋がる、新たな共創が始まる。

SHIBUYA/森山大道/NEXT GEN とは

ソニーと東急電鉄が、世界的に活躍する写真家・森山大道と共に実施する、 『STREET』 『UNDERGROUND』 『公募作品展』の3つで構成されるアート共創プロジェクト。

森山大道
森山大道の肖像

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ“と形容され、写真界に衝撃を与える。ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を 開催など世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年-13年ウィリアム・クラインとの二人展『William Klein + Daido Moriyama』がロンドンのテート・モダンで開催され、絶大な人気を誇る二人の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。主な写真集に『にっぽん劇場写真帖』(1968)、『写真よさようなら』、『狩人』(1972)、『光と影』(1982)などがある。個人写真誌『記録』は1972年のNo.1に始まり、73年のNo.5で一時中断~2006年11月のNo.6から復刊し、現在も継続出版中。最新号はNo.41。近年は『無言劇』、『Pretty Woman』(2017)、『Tights in Shimotakaido』、『Lips! Lips! Lips!』(2018)などを出版。

プロフィール

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ“と形容され、写真界に衝撃を与える。ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を 開催など世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年-13年ウィリアム・クラインとの二人展『William Klein + Daido Moriyama』がロンドンのテート・モダンで開催され、絶大な人気を誇る二人の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。主な写真集に『にっぽん劇場写真帖』(1968)、『写真よさようなら』、『狩人』(1972)、『光と影』(1982)などがある。個人写真誌『記録』は1972年のNo.1に始まり、73年のNo.5で一時中断~2006年11月のNo.6から復刊し、現在も継続出版中。最新号はNo.41。近年は『無言劇』、『Pretty Woman』(2017)、『Tights in Shimotakaido』、『Lips! Lips! Lips!』(2018)などを出版。

UNDERGROUND,STREETの展示は終了いたしました。
たくさんのご来場誠にありがとうございました。

UNDERGROUND,STREETの
展示は終了いたしました。
たくさんのご来場
誠にありがとうございました。

公募作品展はソニースクエア渋谷プロジェクトにて9月中旬まで、引き続き開催しています。

today is next generation

ソーシャル上に、目撃した森山大道作品でギャラリーを作りませんか。渋谷の街中、地下に展示された森山大道作品を撮影し、「#SHIBUYA森山大道」を付けて投稿してください。参加の証として、森山大道作品のポストカードをお持ち帰りいただけます。
※なくなり次第終了。

※画像はイメージです。

ポストカードプレゼント

受取り場所と期間:

『UNDERGROUND』
2019年8月1日(木) ~ 4日(日)
今回の展示のために森山大道が撮り下ろした作品のポストカード
※終了しました

ソニースクエア渋谷プロジェクト
2019年8月1日(木)~15日(木)
森山大道代表作のポストカード
※終了しました

『STREET』と『UNDERGROUND』、もしくは、『STREET』とソニースクエア渋谷プロジェクトで作品を撮影

「#SHIBUYA森山大道」を付けてTwitterまたはInstagramでシェア

公式SNSアカウントのいずれかをフォロー
■Sony-Stories(Japan)公式Twitter : @storiesbySonyJP
■ソニースクエア渋谷プロジェクト公式 Instagram : @sonysquaresp

『UNDERGROUND』、またはソニースクエア渋谷プロジェクトで、投稿画面をスタッフに提示

『STREET』と『UNDERGROUND』、もしくは、『STREET』とソニースクエア渋谷プロジェクトで作品を撮影

「#SHIBUYA森山大道」を付けてTwitterまたはInstagramでシェア

公式SNSアカウントのいずれかをフォロー
■Sony-Stories(Japan)公式Twitter : @storiesbySonyJP
■ソニースクエア渋谷プロジェクト公式 Instagram : @sonysquaresp

『UNDERGROUND』、またはソニースクエア渋谷プロジェクトで、投稿画面をスタッフに提示

記念入場券
※販売は終了しました

※画像はイメージです。

本企画を記念した記念入場券を大人1,000枚、小人1,000枚限定で発売します。
販売時間:8月1日(木)15:00~20:30 / 8月2日(金)10:00~20:30
販売場所:東横線・副都心線渋谷駅 ヒカリエ1改札付近特設ブース
※特別入場券で、自動改札機は通れません。
※入場される際は、駅係員のいる改札窓口をお通り下さい。
※記念入場券は、払い戻しできません。予めご了承ください。
※記念入場券は、数に限りがございます。予めご了承ください。
※おひとり様1回3枚までの購入とさせていただきます。

content

森山大道氏を敬愛し続ける新進気鋭の映像作家・山田智和の新作映像と、6 ⽉~7⽉に開催した公募によって選ばれた次世代クリエイター8 名のうち2名が 『UNDERGROUND』に登場します。
また、他6名が渋⾕モディ1F のソニースクエア渋谷プロジェクトの 『公募作品展』で、それぞれの視点で“2019 年の今の渋⾕”を切り取った作品を展示します。

映像作家 山田智和

森山氏を敬愛し続ける、新進気鋭の映像作家 山田智和氏の新作映像がUNDERGROUNDに登場します。
東京都出身。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。TOKYO FILM主催。Caviar所属。2013年、映像作品「47seconds」がWIRED主催WIRED CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞、2014年、同作品が国連が共催する世界最大規模の国際コンテスト、ニューヨークフェスティバル2014にて銀賞受賞。同年、映像作品「A Little Journey」がリコー主催のGR Short Movie Awardにてグランプリ受賞。MTV VMAJ 2018では「最優秀ビデオ賞 "Best Video of the Year"」を受賞し、SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019において、最も優れたミュージックビデオ・ディレクターに授与される「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞した。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした映像表現が特色。

プロフィール

森山氏を敬愛し続ける、新進気鋭の映像作家 山田智和氏の新作映像がUNDERGROUNDに登場します。
東京都出身。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。TOKYO FILM主催。Caviar所属。2013年、映像作品「47seconds」がWIRED主催WIRED CREATIVE HACK AWARD 2013グランプリ受賞、2014年、同作品が国連が共催する世界最大規模の国際コンテスト、ニューヨークフェスティバル2014にて銀賞受賞。同年、映像作品「A Little Journey」がリコー主催のGR Short Movie Awardにてグランプリ受賞。MTV VMAJ 2018では「最優秀ビデオ賞 "Best Video of the Year"」を受賞し、SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019において、最も優れたミュージックビデオ・ディレクターに授与される「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞した。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした映像表現が特色。

UNDERGROUND展示クリエイター

伊藤 安鐘
(いとう あかね)

岩手県出身、武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。高校生のとき、作品としての写真に興味を持ち制作を始める。高校卒業の3月、地元岩手で写真展を開催する。大学で映像の勉強をするうちにムービー制作もするようになり、コマ撮りアニメーションやロトスコープアニメーションに挑戦する。現在は日々の活動として写真作品と映像作品の制作を行う。

山口 大輝
(やまぐち ひろき)

1994年生まれ。ラジオ制作、雑誌、テレビ制作などを経験しつつ作品を制作。ユーモアを交え、日常の風景を切り取る写真を得意とする。また、被写体とのコミュニケーションを大切にし、それによって生まれる幸福な一瞬を捉える。クマ財団2・3期。個展「They sat on a park bench and began talking.」 エディオン・蔦屋家電広島(2018)、個展「PARIS-BETWEEN THE MOON AND THE CLOUDS」阪急西宮(2019)、グループ展「KUMA EXHIBITION 2019」(2019)。

ソニースクエア渋谷プロジェクト
展示クリエイター

大西 祐司
(おおにし ゆうじ)

1993年生まれ。徳島県出身。静岡県立大学国際関係学部国際政治学科政治・経済コース在籍。大学2年時に休学し、アルバイトで貯めたお金でデンマークへ留学。留学先でフィルムカメラの授業を受けたことにより、本格的に写真に興味を持ち始める。帰国後は独学で写真を撮り始め、主に友人や人々の生活風景などを撮影している。今回のコンペには京都の鴨川で撮影した写真を提出し、入賞を果たした。

中林 浩人
(なかばやし ひろと)

1994年、東京生まれ。2013年に大学入学と同時に写真部に入部。展示や友人と写真活動をする中で少しずつ写真の魅力に惹かれていく。現在はスナップや風景を中心に撮影を行いながらグループ展などに参加している。2018年原宿デザインフェスタギャラリー 「まだ、消えてない。」二人展、2019年横浜御苗場出展。

嶋田 鉄馬
(しまだ てつま)

1994年千葉県生まれ。物心ついた頃からクルマ好き。それがきっかけで高校卒業後自動車専門学校に入学。4年生の時に友人が一眼レフで撮った車の写真を見て、カメラに興味を持ち始め池袋の家電量販店で中古のフィルム一眼レフを購入。就職後仕事がうまく行かず心が折れかけた時に森山大道さんの作品に出会い救われる。その後コンパクトカメラを購入しストリート写真を撮るようになり今に至る。好きな写真家 森山大道 鈴木達郎

BARTEK MASLAK
(バルテック マスラク)

1994年、ポーランド・グディニャ生まれ。
2017年、Blow up Pressが実施したDEBUTSプロジェクトで、ポーランドの次世代写真家20人のファイナリストのひとりに選ばれた。
2019年、ワルシャワのSPUTNIK Mentoring Programme修了。現在はフォトスタジオ”Szajewski.com”にてレタッチャー及びグラフィックデザイナーとして勤務。

黄 志逍
(コウ シショウ)

1995年、中国河北省生まれ。2017年、中央美術学院を学部卒業し来日。
現代アートを研究しており、現在は東京を拠点に創作中。留学生として「私は誰だ」という問いを考え、様々な創作形式を試み、自分自身のアイデンティティと立つ場所の様子などのテーマの作品を展開し、客観的な世界との共存関係を表現している。また参加型アートの可能性についても探求している。

楊 雨謡
(ヨウ ウヨウ)

1999年生まれ、マカオ出身。2018年に来日し、現在は東京ビジュアルアーツ在籍。

問い合わせ先

SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN
プロジェクト事務局

© Daido Moriyama photo foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery