ゴルフ女子初心者はスロープレーに注意!クラブを3本持って走れは正しいの?

スポンサーリンク

 

しっかりと練習を重ねて、やっとラウンドできるまでになったらいよいよ本格的なゴルフがスタート。

ゴルフ初心者女子にとって初めてのコースデビューはドキドキ、緊張の連続ですね。

でも、緊張の中でもナイスショットを打ったり、長いパターが入ったり、ラウンド中はいろいろな気づきや楽しさがあります。

そんな、ゴルフ初心者女子に最後まで楽しくプレーをしてほしいと願っていますが、どうしても初心者のころは、いろんなことで迷惑をかけてしまうことも。

一番やってはいけないことは、やっぱりプレーが遅くなること。

プレーが遅くなると、後ろの組や後続にも迷惑がかかってしまうので絶対に気を付けないといけません。

ということで、この記事ではゴルフ初心者女子がスロープレーにならないための注意点についてご紹介していきます。

最後までゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ゴルフ初心者女子はスロープレーに注意!

ゴルフはルールやマナーを知っておかないといけませんが、ゴルフ初心者女子が気をつけなければいけないのはやっぱりスロープレーですね。

ハーフプレーは本来2時間15分、遅くても2時間半ぐらいで回るのがベスト。

なので、絶対に前の組との間を開けないようにプレーしなければなりません。

自分たちの組が遅いと、後ろに迷惑をかけるし、どんどん詰まって大渋滞になってしまいます。

そうなってしまわないためにも、素早くプレーするように心掛けてください。

当然、初心者ゴルファーは何度も打つ可能性が高いため、遅くなりがち。

では、どうすればスロープレーを防ぐことができるのでしょうか。

ゴルフ初心者女子がスロープレーにならないように気を付けることをまとめてみましたのでご覧ください。

 

自分の順番が来る前にクラブの準備をしておく

自分の順番が来る前にあらかじめクラブのヘッドカバーをはずし、ティーとボールの用意をしておくことが大事です。

ティーショットはすぐに打てる状態にしておかないと、スロープレーに繋がるので気を付けてください。

初心者のうちは、使用するクラブのヘッドカバーは最初に全部はずしておくのもありですよ。

 

素振りは何回もしない

素振りを何回もする人がいますが、こちらもスロープレーに繋がるので注意が必要です。

特にゴルフ初心者女子の場合、少しでもうまく打ちたいという思いから何度も素振りを行ってしまう人もいますが、素振りは2回までにとどめておくといいでしょう。

素振りが終わったら、あれこれ考えずにすぐに打ってください。

余計なことを考えると、体に力が入ってミスをしやすくなるので気を付けましょう。

ちなみに、私の素振りの回数は1回で、素振りをしたら体が忘れないように素早く打つことにしています。

 

セカンド地点に行く時は数本クラブを持っていく

ティーショットを打った後、セカンド地点に行く時は数本クラブを持って移動します。

ゴルフ初心者の時は使用するクラブもそんなに多くはないので、7本とピッチング、サンドウェッジあたりを持っていけばいいと思います。

あと、初心者のうちはグリーンに乗るまではカートには戻らずプレーを続けてください。

なので、パターも必ず持っていくことを忘れないように!

 

ショットが困難な時は6インチプレースをする

ゴルフにはローカルルールというものがあり、6インチプレースすることができます。

ただ、つねに動かして良いということではなく、障害物があったり、芝がない砂地だったり、打ちにくかったりした場合のみ許されるローカルルール。

本来はあるがままのボールを打つのが本当のルールですが、プライベートなゴルフの場合は採用できるようです。

ゴルフ初心者の女子が難しいところから打てば、失敗の連続になる可能性も。

なので、ゴルフ初心者女子は無理せず、6インチプレースをさせてもらいましょう。

 

ホールアウト後は小走りでカートに乗り込む

ホールアウト後は小走りでカートに乗り込むようにしましょう。

毎回、小走りで移動していると、かなり時間は短縮できます。

あと、ゆっくり歩いている様子は後続のメンバーから、良い印象ではありません。

急いでいるというパフォーマンスも大事なんですよ。

でも、グリーン上は走ってはいけませんので、ご注意を!

 

スコアの記入はホールアウト後に行う

初心者の時はスコアをホールアウトの前に記入している人がいますが、必ずホールアウト後に行うようにしてください。

ホールアウトしたあとは素早く全員がカートに戻るのはもちろん、スコアを書いたりゆっくりクラブをしまったりするなどの行動はしないように。

特に後ろが詰まってきているようなときは、クラブを持ったままカートに乗り込むなどの配慮が必要ですよ。

 

スポンサーリンク

 

クラブを3本持って走れは正しいの?

初心者のころは、先輩ゴルファーにクラブを3本持って走れと言われたものですが、それって実際のところどうなんでしょうね。

確かに、ティーショットのあとはクラブを3本ほど持って、移動するのは正しいのですが・・・

ずっと走り続けている初心者のゴルファーを見かけたことありますが、ショットは失敗しているぽい・・・

実は、ゴルフ初心者がゆっくり歩いているのもダメですが、全力で走ったりするのは避けた方がいいです。

なぜ、あまり走るのはおすすめしないかというと、息が上がった状態でショットを打ったら、失敗する可能性が高いからですよ。

なので、軽く小走りでも大丈夫なので、くれぐれも全力疾走しないように!

でも、急いでますよ~アピールは大事なので、そのあたりは意識しておいてくださいね。

 

ゴルフ初心者女子のラウンドはパートナーのフォローが大事

ゴルフ初心者女子はスロープレーやマナーに気を付けるのはもちろんなんですが、周りのフォローが大事なんですよ。

ゴルフにはルールがあるので、そのルール通りに回ることも大事なんですが、どうしても最初はうまく打てないし、後続に迷惑をかけてしまう可能性も。

ゴルフ初心者女子とラウンドする時に助けてあげて欲しいポイントはこちらです

 

・最終のスタートにしておく

最終スタートにしておくと、前半は折り返しの先頭の人たちがいますが、後半は最後なりますので後ろに気を使うこともありません。

最初のうちは最終にラウンドするのもありです。

 

・バンカーは2打罰でバンカー外へ

バンカーは初心者でなくても、大たたきするぐらい苦手な方もいます。

ルール上、2打罰でカップとボールを結んだ延長線上のバンカー外へ出すことが可能です。

1クラブレングス以内にドロップして打ち直しできるので、初心者のうちはバンカーは避けるようにしましょう。

MIWAKO

バンカー外に出せても、バンカー越えになるのはまた入りそうで緊張!

ルール上はダメですが初心者のうちはバンカーの横に出してあげてくださいね。

・最初の内は2サムで回る

最初の内は他のメンバーに迷惑をかけてるので、できるだけ2サムで。

他のメンバーがいると緊張するので、いきなりコンペなどは避けた方がいいですね。

 

スポンサーリンク

 

ゴルフ初心者女子はスロープレーに注意のまとめ

さて、ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事ではゴルフ初心者女子はスロープレーについて注意点をまとめさせていただきました。

スロープレーをしたくなくても、初心者のうちはどうしても遅くなるのは仕方ないことですが、少しでも早く回る努力は必要です。

ゴルフ初心者の間は、できれば簡単なショートコースからデビューして、2サムで回るのもありですね。

スロープレーにならないように注意して、ゴルフを楽しんでみてください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です